The snowboarder's journal & Selfie works
f0151426_16384687.jpg

スノーボード界を代表するアメリカのジャーナル誌「frequency 15.2」が発売。
自分も2年ぶりとなる作品掲載をいただきました。
贅沢な見開きページを切り裂く山崎恵太の鋭いターンが◎です。

また、今年既に発売されたFREERUN10月号,HIDDEN CHAMPION#44,#46,28日発売・WHITE MOUNTAIN2018など専門誌、カルチャー誌等でセルフシューティングの作品の方も多数掲載いただいています。
今年は異例の早雪、信州の雪山も始まっています。
f0151426_15544552.jpg
f0151426_16133059.jpg
※映像:セルフ撮影を見守る友人の携帯カメラより









[PR]
# by TSUTOMU-ENDO | 2017-11-30 16:47
DIGGIN' MAGAZINE & FUJI FILM
f0151426_12390392.jpg
その地に惹かれ・土地の人々に導かれ
スノーボーダーとして・写真家として多くの時間を過ごし、自分のキャリアの中で重要なファクターとなった場所。
パシフィックノースウェスト。
刺激的な文化と「新たなステージ」を魅せてくれる体現者たち。

そんなノースウェストコミュニティーにフォーカスした1冊が
DIGGIN' MAGAZINEより発売中です。


富士フィルムのサイトにて今年3月に訪れたアラスカ撮影の旅の模様がドキュメンタリームービーとして公開中です。
X-Pro2:Tsutomu Endo in ALASKAを是非見てみてください。

リンクはコチラ
https://www.youtube.com/watch?v=iTmU19WYUnk
f0151426_12390966.png

FUJI FILM X STORIES
http://fujifilm-x.com/jp/x-stories/
また、アラスカ旅のストーリーが10/31発売の専門誌「FREERUN」11月号にて掲載されていますのでアラスカの世界観を合わせて見てみてください。
f0151426_12321768.jpg
アラスカ紀行 「FREERUN 11月号」 10/31発売








[PR]
# by TSUTOMU-ENDO | 2017-10-21 13:06
MAGAZINE'S INTERVIEW
f0151426_18250907.jpg

HIDDEN CHAMPION issue 46
f0151426_17433148.jpg
FREERUN OCTOBER

すっかり秋の陽気になりました。

先週発売のスノーボード専門誌「FREERUN」と今年発刊10年を迎えたカルチャーマガジン「HIDDEN CHAMPION」にてそれぞれインタビューをいただきました。
活動20年。作品作りにかける想いとセルフィーショットを始め、今年ベルリン滞在中に撮った創作の一部が掲載されています。

是非読んでみてください。

HIDDEN CHAMPION
http://www.hiddenchampion.jp/magazine

FREERUN facebook
https://www.facebook.com/sbnsnowboardnet/





[PR]
# by TSUTOMU-ENDO | 2017-10-02 18:03
GLOBAL ICON f-stop
f0151426_17195147.jpg
f0151426_17195047.jpg

f0151426_17221412.jpg


f0151426_17195148.jpg
8/24-8/26 f-stopのPro Hangout Tokyo。
GLOBAL ICONとしてサポートいただいているf-stopカメラバックのフィードバックとプロフォトグラファーの交流を目的としたアジアミーティング。最終日は一般ユーザーを迎えてのフォトウォークが開催され築地・日暮里周辺でフォトセッションを楽しみました。

リンクはこちら f-stop HP http://fstopgear.com/team





[PR]
# by TSUTOMU-ENDO | 2017-08-30 18:08
Kreuzberg BERLIN

f0151426_16500559.jpg
f0151426_17245339.jpg
f0151426_16361415.jpg

ベルリンでの創作活動を終え帰国。

未だ世界中からアーティストや活動家、フリークが集まるベルリンの街のエネルギーは強く、歴史と人種とが共存しながら街は進化を続けているようだ。
カウンターカルチャーに感化されながら育った自分は一見するとゲットーなKreuzbergの空気が妙に馴染んでしまい(笑)..忘れかけていた感覚が呼び覚まされるかのように滞在のほとんどをクロイツベルグで創作に臨んだ。

※以下、Airbnbより引用。
クロイツベルクは熱い。社会通念の真逆をいく発想が火を噴ようなく勢いで生まれていく。美しく朽ちゆくビルには親の代からパンク、ボヘミアン、LGBTQ、カウンターカルチャーの熱狂的支持者が住み着き、ここを棲家と定めた。街の基本は反エスタブリッシュメント。彼らは反抗をやめない。壁は落書きだらけ。夜遊びで腹が減れば屋台のシャワルマに群がり、裏路地で小用を足したりなんぞする。通りにはカフェ、ヴィンテージ古物屋、ライブがひしめき、朝早くから深夜までぶっ通しで何かが起きている。

[PR]
# by TSUTOMU-ENDO | 2017-07-28 18:59
FUJI FILM X-STORY ALASKA 後編
f0151426_14440184.jpg
f0151426_14440242.jpg
アラスカで綴ったフォトストーリーの後編が富士フイルムオフィシャルサイトで公開されています。壮大なALASKAに生きるハードコア・スノーボードコミュニティーの世界を感じてみてください。
http://fujifilm-x.com/ja/x-stories/as-we-cross-an-old-bridge/

前編はコチラ http://fujifilm-x.com/ja/x-stories/in-search-for-the-ultimate-slope/


[PR]
# by TSUTOMU-ENDO | 2017-06-20 14:50
INDIVIDUAL ACT in INTER NATIONAL ART FESTIVAL


f0151426_15272781.jpg

待っていてもそれは夢物語なわけで。その街を拠点にする作家の活動が盛んになって、街の関心が高まって、その和から生まれた引力に世界から人々が集まる・交流が起こる。

その和がどんどん広がって「国際」もしくは「国際的」になる。自分はそう思う。まずは地元から。地元の地元による地元のためのINDIVIDUAL ACT。

時には食われたフリをするのも見方によっちゃ面白い。

それで開ける・繋がる未来があるならば。そんな思いで楽しくやらせていただきます。


今年から長野県大町市にて行われる北アルプス国際芸術祭期間中、

市営ギャラリーにて遠藤励と仁科正史ら二人のアーティストによる

作品展が大町市主宰の企画展として開催されます。

開催内容:大町市出身の気鋭作家による作品展 「Individual Act 未知へのとびら」

開催場所:ギャラリーいーずら 長野県大町市大町3300-1

開催期間:6/2(金)-6/12(月)  開場10:00-17:00 入場無料


6/2(金)14:00~21:00の間でオープニングイベントが行われます。

お問い合わせ先:大町市教育委員会 0261-22-0420

北アルプス国際芸術祭 http://shinano-omachi.jp

f0151426_18323256.jpg
f0151426_18323361.jpg
信濃毎日新聞



[PR]
# by TSUTOMU-ENDO | 2017-05-17 15:46
富士フイルム・Xストーリー  全編
f0151426_16501154.jpg
f0151426_16504267.jpg


アラスカで綴ったフォトストーリーが富士フイルムオフィシャルサイトにて公開中です。
アラスカンローカルを訪ねて旅をした現地の空気を感じてみてください。

[PR]
# by TSUTOMU-ENDO | 2017-04-22 16:52
Boarders Photo Journal 4/14-4/22
f0151426_15301324.jpeg
3Sの写真家が原宿Wag galleryにて合同展を4/22まで開催中です。多数の作品展示とオリジナルプリントの販売もあります。



[PR]
# by TSUTOMU-ENDO | 2017-04-18 15:29
PNW
f0151426_13375855.jpg
チェックインを済ませていつもの儀式!?..
かれこれ7年通い続けているパシフィックーノースウェストへ再び。
今旅はどうなることだろいうか。あちらは今デカイ寒波がきているらしいので期待が膨らむ。

ファイナルコールがフロアに鳴り響く。
良い旅になることを願って。

[PR]
# by TSUTOMU-ENDO | 2017-03-07 13:38