一変
f0151426_10221933.jpg


一昨日からの雪で景色は一変。

安曇野に嬉しい冬の到来です。

ホッコリとした やわらかな景色 やっぱり気持ちが踊ります。

さっそく今日はCAPITA155を持って雪山に。
[PR]
# by tsutomu-endo | 2008-11-21 10:46
色、イロイロ
f0151426_1110116.jpg
「黄金の国ジパング」
マルコ・ポーロが『東方見聞録』の中で伝えたという日本。恵まれた自然と気候、食、文化、四季折々の色、温泉、そして粉雪。
安曇野も秋の紅葉を迎え、過ごしやすく「日本を感じる」最高の季節です。

右ヲ見テモ左ヲ見テモイイトコロ、キモチイイトコロ。タダ、TVヲツケルト、政治経済、歪ンダNEWS、イッタイ日本ハドウナッテンダ?俺タチハコレデイイノカ?日本ノ心、サムライハ?先進国ッテ幸セナノカ?
ミナ日本ニ帰ロウヨ。

俺タチハ、最高ノ遊ビ、最高ノサウンド、アートヲ通シテ世ノ中ヲ楽シクスルゼ。

・・もの思いに耽ったり、妄想を膨らますのにもいい季節です(笑)


Stefan Hofmannらによるクロージングカンパニー「space craft」から僕の活動をサポートしていただく事になりました。
f0151426_11141276.jpg
                   www.spacecraftclothing.com
[PR]
# by tsutomu-endo | 2008-10-23 14:08
08-09 始動
f0151426_1415458.jpg

おかげさまで連載開始から3年目となる「Day's log」。
今シーズンもやらせて頂いています。
今期は視界を広げてスノーボーディングを取り巻く環境だったり、ライダーのバックグラウンドだったり。雪山以外での「生のLIFE」も落とし込んでいければなんて思っているのでお楽しみに。

今シーズンリニューアルした「snow style」。
よりカルチャーとして厚みが増し、90年代の写真やらその頃活躍した人の現在まで、さすがの老舗専門誌が発信する引き出しの広さとネットワーク。
読み物としての完成度が増していてカッコイイです。

先日、ニュージーランドより帰国いたしました。
[PR]
# by tsutomu-endo | 2008-10-06 14:42
そしてNORTHへ
雪山を後にノースへむけて約1000キロ。ニュージーランド最北端をめざしてキャンピングカートリップ中です。
f0151426_16151144.jpg

[PR]
# by tsutomu-endo | 2008-09-27 16:15
Thanks a lot
f0151426_16123381.jpg

撮影も無事に終わり今回の旅も終盤に。

この山の麓で起こった全ての出来事や出会った人たちみんなに意味があって、今回の旅を支えてくれていました。
Pall,Mac,Deano,Saskia,David,Muzz,Jenna,…..OHAKUNE,RUAPEHU,
本当にありがとう。
[PR]
# by tsutomu-endo | 2008-09-27 16:13
friends came!
f0151426_7481745.jpg

たくさんの雪に恵まれている今年の南半球。
ニュージーランドではあちらこちらで積雪量が過去の記録を更新中です。

そしてこの街での暮らしはというと。
スキーシーズン真っただ中。
小さな街の人口は急増。バーやレストラン、クラブが連日盛り上がりをみせています。
ローカルの友達も増え、いろんな情報やディープな住人。毎日の暮らしがより濃さを増してきました。

先日、美谷島慎くんと西山勇くんと無事に合流。
1ヶ月の間ほとんど太陽を見ることのなかったこの山で、奇跡的な晴天続きの中、撮影がスタートです。
[PR]
# by tsutomu-endo | 2008-09-01 08:12
From Mountain
f0151426_831157.jpg

Aucklandを離れ南へ400キロ。
とある田舎町に引っ越してきて3週間が経ちます。
ここはゆっくりと時間が流れる農業と自然の街。
手作り家具職人のディーンとデザイナーのサスキア夫婦の家にお世話になっています。

広大な大地に囲まれ、世界遺産に登録されている手付かずの森、そして美しい独立峰。
ニュージーランドを訪れるのは今回5回目だけどリゾートや牧場とすっかり開拓されてしまった景色ばかりを見ていた僕には今回の旅がとても新鮮です。
今まで見ることのなかったこの国の原風景やその土地の人の暮らし。

先日もこの街に来て知り合ったマオリ(この国の先住民)にマッスル(ムール貝)の調理法を教わったり、土蛍の生息するシークレットスポットに案内してもらいました。
僕はこの土地で手に入る食材を使って角煮丼と肉じゃがで応戦。。

今年の南半球は沢山の雪に恵まれています。

See you!
[PR]
# by tsutomu-endo | 2008-08-15 08:43
From AUCKLAND
f0151426_20251354.jpg

南半球はAucklandに来て2週間が経ちました。
生活にもだいぶ慣れてきて都市にもだいぶ乗れてきました。
車を購入したことで毎日のバスでの移動や時間からも解放されいい感じになってきた。
その土地にはその土地のタイミングやタブーもあったりする。
いち早く吸収できるようにできるだけ多く足を運び、街に触り、いいタイミングで
いい流れに乗れるようにアンテナを広げて、ハートを開いて。
フィッシング、ヨットセーリング、マッスル、ワイン、カフェ、アート、ゲイ、
いろんなキーワードが自然に入ってくる。

無数のスケートエリアと音楽に、サブカルチャーもいっぱいに詰まったこの街も
もっともっと掘り下げたいけど、とりあえずは今週いっぱいで離れることに。

SO! I am snow boarder. I go to the mountain.
[PR]
# by tsutomu-endo | 2008-07-22 21:38
Departure of the trip☆
f0151426_125435100.jpg

「映画のシナリオみたいやな・・・」メンバーの一人が思わずつぶやいた。
ヘリシューティングというプランを無事に終え、肩の力が抜けたメンバーと旅の帰りに立ち寄ったオーストラリア。ゴールドコーストを辿り最終目的地の「バイロンベイ」へ。
満天の星空と緩やかな波の音、空を見上げながら片栗粉のようなキメ細やかな砂浜の「鳴き砂」を裸足で鳴らしてリズムを刻んだ。皆やたらに口を開くことはなく、思い思いに旅の一ヶ月をふりかえっていた。

また、写真の整理をしていると昨年の旅の記憶が蘇りました。

今週は次なる旅のフライトです。
スケートと、カメラ機材を詰め込んで、少しの衣類とスノーボード。
今回の旅は長くなりそうなのでラップトップも連れてくことにした。

旅の経過は また次回。


CAPITA156:SCAREMASTER
FLUX:TITAN
f0151426_12561770.jpg

[PR]
# by tsutomu-endo | 2008-07-02 12:59
SNOW TRIP OF SUMMER
f0151426_23493110.jpg

全国的に梅雨入りでしょうか?
雨の多い日が続いてややフラストレーションを溜め込んでおります。

OFFの季節はスケートにサウンドパーティーに、五感を刺激するような外での遊びが楽しみです。
いっぱい触覚を広げてアンテナ張って、そこから吸収したモノがまた作品の作りの原動力となって繋がっていくと信じています。遊びをクリエイトする仕事ですからね。。

さて、梅雨が明けるといよいよ夏の到来。今年はいったいどんな夏になるのでしょう。。
只今計画中です。


「ロマン男の夕暮れ」

優美な自然の中、車を走らせ、
好きな時に 好きな場所で 景色に浸りながら、飯食って、リラックスして、たまに釣りしてみたり、澄んだ空気の中、星を見るたびにぶっ飛ばされて、
新雪にワクワクしながら、山に向って、スノーボードして。
最高。全部・・最高。
世の中の争いとは無縁の幸せに、感謝したり、そんなんが 疑問に感じたり。

毎度の風呂の楽しみは、日本から持ってきた「アレッポの石鹸」。
シリア産の武骨な形の手作り石鹸で、そのヘンテコな名前と天然オリーブのやさしい感じがなんだかえらく気に入って、シャンプーも洗濯も、いつの間にか旅の全ての「洗い事」がこの石鹸1つになっていた。

旅もそろそろ お気に入りの場所ができて、
相変らず釣れない釣りや、音楽に浸ったり、ぼんやりと落ちる日を眺めたり、
シグリの豆にニンマリとお湯を注いで、リラックスして、焚き火しながら語って、
またスノーボードして、無言のハイタッチに全部がOK!
人生最高!今が最高?
またふと、
今年の冬や 日本の未来が気になったりして。

もう一つの楽しみは、大事に育てている「FLAT HEAD」の3005番。
長野産の、マニアも唸らすこだわりデニムで、履きこむほどに味わいを増す、藍染めの程好くくたびれたソレがまたえらく旅との相性良くて、気が付いたら、寝ても覚めてもこれ1本。
スケートに夢中になって作った、左ヒザのダサいコケ跡も、
・・・・まあいっか。

冬が来る。旅支度をしよう。またこいつらと、旅に出よう。



昨年のニュージーランド キャンピングカーTRIP。(2007.11号、snow styleより)
[PR]
# by tsutomu-endo | 2008-06-06 00:08