respect a film
f0151426_12505998.jpg


現在発売中の専門誌、トランスワールドスノーボーディングから。

デジタル写真の急速な普及によって世の中の常識がデータへと移行しようとしています。
昔から愛されてきた銀塩写真(フィルム)は姿を潜めフィルム価格の高騰、ラボ(現像所)の閉鎖、職人さんの減少は加速の一途。
便利や画質のみが重視され、ハイスペック、ハイクオリティー?と企業合戦は続きます。

便利=楽しい?    高画質=良い写真??

もちろん僕もデジタルカメラを使うこともあるしデジタルならではの可能性は十分有りうる。

けど、人のハートに訴えかけるモノって全く別の次元の話なんだよね。

便利の影に薄れ行く人と人との関わりや、「撮る」事の緊張感や楽しみ。
失ってはいけないプロセスが絶対にそこには有るんだよ。

加えて昨年世界中に大打撃を呼んだ雪不足。確実に温暖化というものが目に見える現象となってきました。
気温があがり「雪」はどんどん溶けて「水」へ・・・・・

ISO800のザラザラなモノクロフィルムにそんな時代的な背景を落とし込んだ1枚です。

時代の波とともに消え行く先人達のすばらしい発明に、
僕も一人の写真家として敬意を祓います。

I love film. cheap digital sucks!
[PR]
# by tsutomu-endo | 2008-04-10 14:20
Never Ending Snow!
f0151426_11163525.jpg

ドイツから戻ると安曇野はすっかり春でした。

ここからシーズンも終盤、パークにイベントに、春の暖かな日差しの中
冬の余韻を楽しみます。

小さい頃からずっとあたり前だった真っ白で柔らかい雪の景色が
最近はなんだか貴重な時間に感じます。

毎日雪と触れ合うスノーボーダーなら気づいているはず。
永い間保たれていたバランスが今凄いスピードで変化しています。

また来年も真っ白な粉雪を願って。
We can change it in the future!


日本は世界有数の雪国です。
You know?
[PR]
# by tsutomu-endo | 2008-03-28 12:20
GAP SESSION @GARMISCH
f0151426_6371075.jpg
f0151426_6382452.jpg
f0151426_6392818.jpg

ドイツのガルミッシュで今週開催されるGAPSESSIONに来ています。
旧オリンピックスタジアムに巨大なモンスターキッカーを特設して行われるこのイベント。
世界中からスペシャルなゲスト達が集まります。

主催のベネディック氏とクリストフ氏。
細やかな気配りでイベント当日までの間、ゲレンデクルーズやサーフィン、アイスホッケーなど巨額な資金を動かしながらもスノーボーダーならではの目線で一緒に遊んでゲストのみんなをリラックス&楽しませてくれています。

今年は日本人では初めて鈴木裕司、石川敦士くんが招待されています。

主スポンサーがRed Bullなので、毎日が飲み放題です。
ゲフッ。。
[PR]
# by tsutomu-endo | 2008-03-05 06:48
Love it EXHIBITION 終了
f0151426_1582644.jpg
f0151426_1583629.jpg


沢山のご来場ありがとうございました。
今日、2日の展示をもちまして今回の写真展は終了となります。

残念ながら本日は急な海外出張のためみなさんとお会いする事ができなくなりました。

また後日アップロードいたします。

感謝!

Thank's YJ,Takashi,Mitsu,Dai,Yuusaku,Yuu,Tomoki,Ohnishi

and all
[PR]
# by tsutomu-endo | 2008-03-02 02:15
THIS WEEK! 27.28.29.1.2 Love it 開催中
f0151426_21391741.jpg

写真展「Love it」 
いよいよ開催です。

雪国のラウンジバー「SAUCE」を一軒まるまるフォトデコレーションします。
心地の良い音楽と、居心地の良いフォトラウンジ。
お酒を飲みながらユックリと。リラックスしにきてください。

OPEN PM7:00~AM2:00

Lounge DJs

27日 DJ Bakuha (Replant,エンデカシ)PM9:00~

28日 DJ Yuu (OUT FLOW、SOUL TIME)PM9:00~

29日 DJ Tomoki a Heart (色、sound channel)PM10:00~

1日 DJ Ohnishi (DEATH YEBISU,NO BRAIN)PM8:00~

2日 SILENCE

アクセスマップ
[PR]
# by tsutomu-endo | 2008-02-22 22:22
V.I.P vs EXPOSED
f0151426_1132378.jpg

現在発売中の[snow style] [TRANSWORLDsnowboarding]から
2枚のフォトストーリーを。
V.I.P(右)は長野のとある山奥。スノーシューをはいて機材を背負い歩くこと20分。森の中にひときわ異彩を放つこの森の長老。不思議と吸い込まれるようにアプローチもラインも完璧だった。
目を閉じて森に挨拶をしてから撮影をスタート。静寂の森に僕らの声だけがこだまする。
幾度と無くトライするが、その永い年月を見守ったこの森の長老の風格に負けてしまう。
結局初日は着地の衝撃で板が折れるアクシデントと、陽も落ちてしまったので暗い夜道を煮え切らない気持ちのまま帰った。
そこそこには良い写真が残った感触があったけど「まだイケル!」
結局お互い納得するまでにロケハンを含め4日ほど足を運んだ。

EXPOSED(左)はニュージーランド南島、レイクワナカ周辺に位地するTC・バックカントリー。
雪の安定を測り、装備無しでは立ち入れない雪山の領域。
もともと降雪の少ない南半球エリアで晴天パウダーを狙うのは長期滞在しないと難しいが
昨年は3週間ほどの滞在で2回の「THE DAY」にめぐりあえた。
数少ない「THA DAY」でのファーストラインの緊張感。許されるのは1発のみ。
入念にライダーとイメージの打ち合わせをし光のさす雲の切れ間を待った。

V.I.P: Kyota Miyake
EXPOSED: Satoshi Okamoto

Thank you!!
[PR]
# by tsutomu-endo | 2008-02-15 13:18
2月27日~3月2日 「Love it」 写真展開催@白馬
f0151426_18423613.jpg


まだまだ粉雪が楽しめる2月下旬、地元長野で写真展を開催いたします。
展示は5日間、ユックリとくつろげる雪国のラウンジバーで夜営業のみの開催です。

北アルプスの麓で、僕らを魅了する温かい雪の表情に心和ませてください。

期間2月27日(水)~3月2日(日)open pm7:00~am2:00 入場無料

場所:「SAUCE」白馬五竜スキー場そば。 駐車場あり
〒399-9211
長野県北安曇郡白馬村神城22200

アクセスマップ
[PR]
# by tsutomu-endo | 2008-02-02 02:55
January 21、LOCAL MEETING
f0151426_21103432.jpg

昨年に続き雪山での雪崩を想定した実践ミーティングを開催します。
このエリアで活動を続けるライダー、フィルマー、フォトグラファーを軸に雪山意識の向上と、情報交換を目的としたミーティングです。
近年のバックカントリーブームと急増する外国人により山の秩序と安全が問われ始めています。
このエリアで昔から活動し、雪山を愛して止まない皆さん一人一人が、
雪山に入る十分な知識と経験を持って緊急時にも落ち着いて対処できる1リーダーとなっていく事を願います。


開催は1月21日月曜日の正午から。
白馬村消防局のご協力により心肺蘇生法の実施講習もしていただきます。
みなさん宜しく。

※バックカントリーの推奨を目的とする初心者講習ではありません。
[PR]
# by tsutomu-endo | 2008-01-16 22:01
Happy Start 2008
f0151426_4531524.jpg
早雪に加え、年末の大寒波。CAPITA159を持って雪山へ。
よく滑って、よく食べて、少しのお酒と十分な睡眠。
シンプルだけど毎日が充実。
頭ん中は健康だよね。
真っ白で広大な雪山を目の前に、日常のちっちゃな事はまあどうでもいっか。。

さあ、今年もユックリだけど確実に・・・進んでいきます。
みんな良い年でね!


Be the year that is good for you!
[PR]
# by tsutomu-endo | 2008-01-08 04:53
snow style & TRANSWORLD snow boarding
f0151426_2128123.jpg

今月はこの2枚から。
exposed」「V.I.P」といった専門誌のグラビアページには世界各地からフォトグラファーの作品が集まります。
都会のオフィスで毎日忙しく働いていらっしゃる編集部の方々が取材で拾える「リアル」にも限界があるわけで、そんな都会と雪山の橋渡しをするのが現場から届く1枚の写真だったりする。説明不要の写真表現の世界。
グラビアで登場する1枚の写真には企画やコマーシャルでは決して見ることができないコミュニティーやリアリティー、そしてジャーナリズムが詰まっていたりします。
・・・とはいえメディアで登場するのも世界中で起こっているシーンのほんの一角。
コマーシャリズムが激化する今日、本当のリアリティーは突発的で記録ではなく記憶の中に存在する事が多いんだよね。
フフッ。だから面白いよ。

Respect rider!  「
[PR]
# by tsutomu-endo | 2007-12-17 21:33